お寺紹介  
開運寺
開運寺
開運寺地図
  開運寺(かいうんじ)は、水戸市の中心街より少し離れた、千波湖の近くの高台にあります。 ちょうど偕楽園の千波湖を挟んだ反対側。水戸市役所の裏手に位置します。
  戦前は鳥見町(現在の泉町3丁目)にありましたが、戦争中現在地に疎開してきました。

住職名: 秋山 乗信(日茨)上座講師
住職代務者: 秋山 現信 一等講師
本寺: 乗泉寺
創立: 昭和6年
局長名: 秋山 千賀子
所属教務: 深見 清関
末寺: 妙運寺
教養各会: 青年会・壮年会・婦人会・少年少女会
ガールスカウト
開運寺所在地
茨城県水戸市千波町舟付1192
電 話 029-244-1192
FAX 029-244-1892
開運寺内陣
( 御宝前)
本堂内陣
本堂中央内陣(御宝前)には、南無妙法連華経の御本尊がお掛けしてあり、 中央に、高祖日蓮大菩薩(日蓮聖人のお姿)御尊像を、お奉りさせて頂いております。


妙運寺
妙運寺
 妙運寺(みょううんじ)は、いわき市内郷高坂団地の更に上、通称田代にあります。
三六〇度を梨畑に囲まれ、その集落の丁度中心に位地し、正面には湯の岳を望むことの出来る、 自然に包まれた寺院であります。

妙運寺所在地
福島県いわき市内郷宮町竹ノ内
86-54番地
電 話 0246-26-2725
FAX 0246-27-3400
妙運寺への地図
妙運寺略史
  • 現在の福島県いわき市は、元は平市だった。ご弘通の伝播は、東京で教化された、白土彦次郎氏による水戸からである。
  • 昭和初期、白土氏によって教化された、藤林寅之助氏が発端で、良くご弘通に精進され、平市の草分けと称された。
  • 昭和八年、秋山随運師が水戸親会場の担任として赴任されると同時に、平地方のご弘通にも着手された。
  • 昭和十六年、東京より、新井イク氏が来平、後の教化功労者の、奈良ツヨ子氏を教化。
  • 昭和二十年の終戦に至る迄、教線は拡大したが、平市も戦火に遭い、信徒の大半が離散した。
  • 昭和二十四年、萩原孝氏(妙運寺初代局長)が東京から移られ、ご弘通が再会される。
  • 昭和二十八年、萩原宅を仮道場として親会場を創設。今日の妙運寺の基礎となった。
  • 昭和三十一年、「妙運寺」護持名の御本尊、並びに御尊像をお迎えする。
  • 昭和三十六年、秋山随運師が御遷化。徒弟、横須賀成明師が責任講師として常任。やがて信徒数も多くなり、新本堂建立を発願。
  • 昭和三十八年、現在地の購入交渉を開始。
  • 昭和四十年、山林二千坪の土地を購入。地目変更、境内地造成等、まさしく汗と泥まみれの異体同心のご奉公であった。
  • 昭和四十一年、市内の小学校、校舎を譲り受け、信徒一同にて、手作りの全長二十一間の仮本堂を建立、御遷座式を厳修。
  • 昭和五十六年、水戸開運寺を本寺とし、常説山妙運寺、寺号公称。横須賀成明師が二代目住職に就任。
  • 平成元年十月、成明師が遷化。同年、秋山乗信師が三代目住職就任。
  • 平成三年、仮本堂老朽化の為、新本堂建立を発願。建設御有志、五カ年計画開始。同時に、大和田石材協力により、墓地造成工事着手。
  • 平成五年十月、萩原孝初代局長帰寂。同年、遠藤仁氏が二代目局長就任。
  • 平成六年七月、クレハ建設株式会社と、新本堂建立の正式契約を行う。
  • 平成七年一月、起工式。境内地斜面土留工事等、同時進行。
  • 平成七年四月、上棟式。
  • 平成七年五月、相模原 妙現寺、旧本堂御宝前内陣、並お道具類をご有志いただき、当山へ搬送。その間、境内地中央階段、正面門柱等、数々の特別ご有志を受け、数少ない信徒の一致団結により、新本堂完成。
  • 平成七年七月一日深夜、御本尊 御尊像を御遷座。
  • 平成七年七月二日、新本堂落慶法要開導式。
  • 平成九年九月十四日、開筵式厳修。

 

本堂内陣
( 御宝前)
本堂内陣
本堂中央内陣(御宝前)には、南無妙法連華経の御本尊がお掛けしてあり、 中央に、高祖日蓮大菩薩(日蓮聖人のお姿)御尊像を、お奉りさせて頂いております。

日立寺
日立寺
日立寺(にちりゅうじ)は、十王町友部にあり、川尻駅の西側、十王中学校の下に位置します。 十王なのに何故日立か?という質問をよくされますが、 平成8年までは日立市会瀬にあり、日立寺と号しておりました。移転いたしましたが、寺院名はそのままです。

信運寺
信運寺
信運寺(しんうんじ)は、八郷町柿岡の八郷高校のそばにあります。とてもとても小さな可愛いお寺です。

ハワイ別院
ハワイ別院
ハワイ別院は、パリハイウエーの途中、クインエマ公園(もと女王様の別荘)の隣にあり、とても静かな良いところです。

開運寺納骨堂
開運寺納骨堂
納骨堂 開運寺納骨堂は、永代に(永久的に)御霊骨を御預かりいたしますし、又一時的にも御預かりいたします。冥加料(使用料)は、1年間4400円です。詳しくはお問い合わせ下さい。

妙運寺霊園
妙運寺霊園
当山霊園は、一区画5,7平方メートル約一,七坪(2m10cm×2m70cm)で、全基南向き。 基礎も地盤沈下など起こすようなことのないように、深さ約四十?位から鉄筋コンクリートで立ち上げております。一区画使用料三十万円年間管理料六千円です。
また身寄りのない方の為に、(法界群霊塔下段左、写真)合葬塔を建立させていただい ております。埋葬氏名は墓誌に刻み、御回向は妙運寺が、責任を持ってさせていただいております。

本門寺
開運寺
 本門寺は筑波山と霞ヶ浦に囲まれた旧水戸街道沿いに、昭和36年に創立(建立)され去年本堂の増改築行い、気合いを一新して再出発しました。

本門寺所在地
〒300-0064 茨城県土浦市東若松町3976-1
電 話 0298-21-7902
FAX 0298-26-2273
E-mail honmonji@maple.ocn.ne.jp
住職 市川清秀
本門寺内陣
( 御宝前)
本堂内陣
本堂中央内陣(御宝前)には、南無妙法連華経の御本尊がお掛けしてあり、 中央に、高祖日蓮大菩薩(日蓮聖人のお姿)御尊像を、お奉りさせて頂いております。

お寺の教え 教養会福祉活動 体験談・ご利益談
ガールスカウト茨城第2団 運立会通信 法話 イベント

インデックスへ戻る

茨城県水戸市千波町舟付1192
電話029-244-1192 FAX 029-244-1892
e-mail: info@kaiunji.or.jp