私たちのお寺のの教えは、御佛(お釈迦様)がお説きになられ、日蓮聖人が日本国に広められ、 江戸時代末期に日扇聖人(長松清風=本門佛立宗開祖)が、京都の一般町衆に布教された法華経の教えをいただき、 お題目口唱(南無妙法蓮華経のお題目を繰り返しお唱えすること)を一番の修行と致しております。

 お寺というと、「年寄りが行くところ」とのイメージが強いようですが、お年寄りから青壮年層、 また小さな子供たちまでが集まる、笑顔の絶えないお寺であります。 何故皆がお寺に集うかと言うと、自分自身の幸せは勿論、家族や周りの人々の幸せを御佛にお願いし、ご利益を頂き、お守り頂こうとするからです。現に信徒の中にはご利益を頂き、命拾いした人や、仕事や友人関係等で、助けられた方達が沢山おります。(体験談・御利益談)また当山では、ご先祖供養も大切な教えとしております。

 御佛の大切な教えの一つに、「御回向」があります。とかく回向とは、「死者の弔い」 と思われがちですが、それだけではありません。御佛は「回向は三世わたれ。三世とは現世(現在)、過去世、未来世で、 この三つに満遍なく功徳を回り向かわせることがご回向である」とお説きです。

 {三世の回向とは、今現在苦しみ、悩んでいる人の為に。過去世の回向とは、ご先祖に感謝し、 追善供養(死者の弔い)をさせていただく。未来世の回向とは、自分の家族や周りの人が、 これから幸せに無病息災で、又これから生まれて来る子供達が健康で、暮らせるように。} このように三世のことを常に考え、お題目を、南無妙法蓮華経の御本尊に向かってお唱えさせていただくことが、 一番の功徳を積む修行であり、御佛のお教えの基本であり、御本意であります。

お寺では、法華経の教えを守り、一人でも多くの人々が幸せになれるよう、信心修行に精進し、布教活動に取り組んでおります。 是非とも一度足をお運び下さい。必ず心が晴れ、これからの人生が前向きに考えられます。ありがとうございます。

 本門佛立宗は開運寺・関係寺院以外にも、国内は京都本山宥清寺を中心に、 全国に約300ヶ寺、海外は 韓国、台湾、ロスアンジェルス、ハワイ、ブラジル、オーストラリアに20ヶ寺が点在します。

問い合わせは、ご質問等は本寺 開運寺まで


お寺紹介 お寺の教え 教養会福祉活動 体験談・ご利益談
ガールスカウト茨城第2団 運立会通信 法話 イベント

インデックスへ戻る

茨城県水戸市千波町舟付1192
電話029-244-1192 FAX 029-244-1892
e-mail: info@kaiunji.or.jp