運立会通信  

 
ハワイ別院入寺見習、第一号誕生 更新日2003年2月
   ありがとうございます。
▼一月二十七日、寒参詣中にもかかわらず、宗務本庁から萩原海外部長と長谷川海外弘通委員のお二人がハワイ別院へお見えになりました。
▼今回は、多目的ホール建設と、ウエストバーグ氏の入寺見習いに関する件で来られたのですが、遠く海をへだてていますと、何かと誤解が多く、こちらの思わく通りにはいかない面がでてきてしまうものです。
▼ホール建設には別途積立金(第五支庁の五百萬円も含む)を使用する、としているのに、一般会計のお金を全部使ってしまうかのように感違いされたり、ご利益をいただかれる以前のウエストバーグだけを知っていて、お酒もタバコも止め、これからの余生は、ご宝前のお給仕に捧げたいという姿を、全く知らずに入寺に 反対するといった具合です。
▼ホール建設は一旦見送りの形になりましたが、ウエストバーグ氏の方は、ご宝前のお給仕ぶりや、如来滅後を一生懸命お唱えする姿を見て、秋山お導師の裁量で、見習いのご奉公に入寺されて、なんら差しつかえはございません、と言うことになりました。
▼奥さんは日本人、彼は白人 そのお迎えもさせていただくつもりです。病気の方はどうなるのか。これはご法様におまかせです。そんなこんなのうちに、十月十七日の任期満了となり「ハイ・ソコマデ」ということになりはしないかと考えています。
▼話は全く横道にそれて、九二〇〇〇トンの豪華客船ノルウェージャン・スター号に乗りハワイ島、マウイ島、カウアイ島そしてキリバス共和国のファニング島と、七泊八日の船旅をさせていただきました。船内には一〇〇〇以上の客室、大型プール、映画館、劇場、図書館、十種類のレストラン。この内二ヶ所は二十四時間営業。一部をのぞき全て無料となっています。二千三百人中日本人観光客は六十人程でした。茨城県庁舎が横になって泳いでいる感じでした。  さいたま市の金井修ご夫妻には無理矢理同行していただいたような具合でしたが、お二人共ご満足いただけたようで安どいたしております。そして帰りがけに別院ヘお寄りいただいた際、多額の建設ご有志を頂戴いたしました。改めて御礼申し上げます。
▼ハワイご奉公者派遣のため、運立会では皆さんが浄財の勧募をして下されている旨、うけたまわっています。そんな折船旅とは何事か!とお叱りをいただくのですが、ハワイへ来て三年二ヶ月、初めての旅行でもあり、今生のお別れということも含めて、お許しいただきたいと思います。
▼来る二月九日の山口家の結婚式。更には十三日の、思いがけず多数のご参詣となった運立会団参。隨喜感激心待ちに準備させていただきます。団参の皆様には一路平安を、お留守の皆様には益々のご壮健をお祈りします。アローハ。 で日本語はカタコトですが、英語しか話せない現地人や二系人のためのご弘通には、可成りの戦力になってくれるものと信じています。
▼私は、体の事もありましたので四月には帰国させていただくつもりでしたが、五月には北海道からの団参、又七月には、非公式乍ら、ご講有がお見えになるということで、
インデックスへ戻る

お寺紹介 お寺の教え 教養会福祉活動 体験談・ご利益談
ガールスカウト茨城第2団 運立会通信 法話

茨城県水戸市千波町舟付1192
電話029-244-1192 FAX 029-244-1892
e-mail: info@kaiunji.or.jp